朝のむくみ顔はなぜ起こる?原因と解消法を徹底解説!

朝起きて鏡を見てみたら、顔がむくんでいてびっくりしたことがあるのではないでしょうか?

見えないところならまだしも、嫌でも顔は人目につく部分だけにショックなものです。

朝むくみが出ていた顔も、お昼ごろにはもとに戻ることが多いものですが、そもそもなぜ朝に顔がむくむのか気になるところです。その原因がわかれば対処や予防もできるというものですよね。

そこで今回は朝に顔むくみが生じる原因とその解消法、予防法などについてご紹介したいと思います。

 

 

朝のむくみ顔、その原因は?

まず、むくみとは、身体の水分が細胞の間に溜まってしまった状態を指します。夜に寝ている間に身体の水分が顔~頭部に移動し、その結果顔にむくみが生じてしまうというわけです。

就寝中は起き上がることもないため、どうしても顔はむくみやすくなりがちです。朝むくみが出ていても起きて昼くらいになればむくみは解消されるのが普通です。

このようなむくみは一過性のものでさはど心配は要りませんが、もし長時間にわたってむくみが続くようであれば、体調不良や疾患が原因とも考えられるので、その場合は医師の診察を受けるのが賢明です。

 

前日の飲み過ぎや食べ過ぎ

顔にむくみが出やすい原因のひとつにお酒の飲み過ぎが挙げられます。お酒を飲むとアルコールを分解するために水が必要となるため、体内の水分が失われますが、飲みすぎると逆に水分を体内に溜め込む方向に作用し、余分な水分が体内にたまりむくみとなると言われています。

またアルコールだけでなくお酒や食事に含まれる糖分や塩分も体内に水分を溜め込む働きをし、むくみの原因となります。夜は代謝機能が低下する時間帯でもあることから、遅い時間に飲んだり食事をしたりするのは、翌朝にむくみが出やすくなる原因となるので注意が必要です。

 

枕の高さや睡眠不足も原因となる

寝るときの状態もむくみに関係してきます。例えば枕の高さが低い場合、身体の水分が顔~頭部に移動しやすくなるため、むくみが出やすくなります。むくみが出にくくするためには若干高めの枕が良いようです。また睡眠不足は代謝機能を鈍らせるため、むくみにつながります。

 

女性は特にむくみやすい

筋肉は血液を押し出すポンプのような役割も果たすことから、筋肉の少ない人は多い人に比べると血流が悪くなる可能性があり、むくみも生じやすくなります。女性の場合、男性に比べ筋肉量が少ないことからむくみが生じやすいと言われています。また女性は生理や妊娠、更年期など、ホルモンバランスが変動する機会が男性より多く、その点も男性よりむくみが多い原因となっています。

 

 

朝のむくみ顔を解消する方法

のむくみ顔は一刻も早く解消したいものですよね。そのために必要になるのは血液やリンパ液の流れを良くし、顔に溜まった水分を排出することが効果的です。その具体的な方法をこれからご紹介します。

 

首のマッサージ

血液やリンパ液の流れを良くするのに効果的なのがマッサージです。顔に溜まった水分をよそに排出するためには、まず首のマッサージを行い水分が流れやすくするようにしましょう。

やり方としてはまず、首をゆっくりぐるぐると左右3回ずつ程度回します。

次に鎖骨のくぼみを指でグイグイと、左右それぞれ20回ほど強く押します。

首をぐるぐる回したあとにリンパマッサージを行うとむくみを早く解消するのに効果的です。

耳の後ろから鎖骨まで指でさするようにマッサージします。

このとき肌への無用な刺激を避け、指通りをなめらかにするためにクリームを塗って行うのがおすすめです。マッサージは10回程度行うのが目安です。

 

顔のマッサージ

次に顔のマッサージに移ります。顔は肌がデリケートな部分であり、無用な刺激は肌トラブルの元となるため、協力肌に刺激を与えないようにする必要があります。このためマッサージに際しては、必ずクリームや乳液などを塗った状態で行うようにしましょう。マッサージはまず、あごから耳の上に向かって指を這わせ引っ張る動作を数回繰り返します。

次に首の後ろ部分から鎖骨にかけて、水を流すようなつもりでマッサージを10回ほど行います。

他にも口を大きく動かしながら発声するなど、顔の筋肉をストレッチする動作もむくみ解消に効果があります。

 

むくみに効くツボ

耳たぶとあごの中間には「頬車(きょうしゃ)」というむくみに効果的なツボがあります。このツボは刺激することで身体の水分の巡りが良くなると言われており、少し痛みを感じるほど強く押す・離すを3分ほど繰り返すと効果的と言われています。顔の中でもとりわけまぶたは皮膚が薄く、むくみが現れやすい場所です。まぶたのむくみが顕著な場合、眉頭、目頭、鼻の間のツボを刺激するのが効果的です。

 

冷温パックが効果的

顔を「冷やす」「温める」を繰り返す冷温パックも、血液やリンパ液の流れが良くなることから、むくみ解消に効果が期待できます。やり方はまず、水で濡らしたタオルとそれをレンジで温めた蒸しタオルをそれぞれ用意しておきます。冷たいタオルと温かいタオルを交互に顔に当てるのですが、これを3回ほど繰り返します。

やっているうちにタオルがぬるくなってくるので、都度冷やしたり温め直すか、あらかじめ複数用意しておくと良いでしょう。

 

白湯とバナナで簡単ケア

朝起きて白湯を1杯飲むと身体が温まり、血行や代謝が促されるので、むくみ解消にも効果があります。また、むくみを解消するのに効果的なのがバナナです。バナナにはカリウムが多く含まれていて、ナトリウム(塩分)を排出する働きがあるのでむくみ解消に有効です。バナナは特別調理も要りませんし、簡単に食べられるので朝忙しい方にもおすすめです。

 

 

効果的なむくみ予防法

今までは朝むくんでしまった場合にどうやって対処するかというお話をしてきましたが、ここでは翌朝むくみを生じさせないために前夜に行うむくみ予防法についてご紹介します。

 

お風呂にしっかり入る

むくみは血行が悪くなると生じやすくなるので、血行促進のためにもお風呂に入ることをおすすめします。お湯を張るのは時間もかかるし面倒ということで、シャワーで済ませている方もいるでしょうが、シャワーでは身体をしっかり温めることは難しいです。その点、お風呂で湯船にしっかり浸かれば、身体も温まりますし血行も良くなります。入浴後にマッサージを行えばより一層効果的です。むくむのが嫌であれば、面倒臭がらずにしっかりお風呂に入って温まるよう心がけましょう。

 

適度な水分摂取

水分の取り過ぎはむくみの原因となってしまいますが、逆に水分を摂らないのもこれまたむくみの原因になります。要するに適度に水分を摂ることが必要ということなのですが、寝る前の水分摂取は翌朝のむくみにつながるケースが多いので、水分を摂るタイミングも考慮しながら、必要な水分を摂るようにしましょう。

 

6~7時間はしっかり寝る

理想的な睡眠時間は6~7時間程度と言われています。寝不足だけでなく寝すぎもむくみの原因となりうると言われているので、くれぐれも睡眠時間には気をつけたいところです。

また寝る姿勢にも注意が必要です。

うつ伏せ状態は水分が目元集中しやすく、まぶたがむくみやすくなります。したがって寝る際にはうつ伏せを避け、できるだけ仰向け状態で寝るよう心がけましょう。

 

 

まとめ

むくみは大体は放っておいてもお昼時頃には解消されるものですが、もしむくみがずっと続くようであれば何らかの疾患の可能性もあるので、その際は速やかに病院を受診しましょう。

一過性のむくみであれば、日頃の過ごし方によるところが大きいようです。対処法としてはマッサージやツボ押し、冷温パックなどが効果的です。

また、翌朝むくみを起こさないためには、きちんとお風呂に入って温まる、しっかり睡眠をとるなど、しっかりした自己管理が求められるところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です