目元の乾燥はシワの原因に!目元の悩みに効果的な対策を紹介します!

目元は少しの刺激でもシワになったり、乾燥してしまったりとケアが大変な部分です。しかも目元は隠すことができないため、症状が出てしまうと他人からも分かりやすい部分でもあります。

ここではそんな目元の乾燥や肌トラブルの原因と対策について紹介します。目元に悩みをお持ちの方はぜひご覧ください。

 

なぜ目元は乾燥しやすいのか?

目元の乾燥原因とは

目元は乾燥しやすいと言われていますが、一体その原因は何なのでしょうか。ここではその原因について紹介します。

 

・目元は皮膚が薄い

実は目元の皮膚は頬と比較すると3分の1程度の厚さと言われています。そのため、乾燥しやすく、ダメージを受けやすいと言われています。

 

・目は毎日使うため負担がかかる

目は毎日使うものであり、また1日に15,000回以上瞬きをすることから、顔の中でも非常に負担がかかりやすい部位です。この回数は8時間睡眠の方の場合となっているため、睡眠時間が短い人の場合は2万回近い瞬き回数になるといわれています。これだけ毎日働いている目のため、大きな負担が毎日かかっていることから乾燥しやすくシワができやすいのも納得できます。

 

・メイクやクレンジングによるダメージの蓄積

目元の皮膚や非常に薄い上、よく働くことから負担の大きい部位です。しかも目元には多くのメイクを施すことからさらに追い打ちをかけているといっても過言ではありません。しっかりとメイクをするということは、クレンジングも毎日行うということ。クレンジングは刺激が強く、また摩擦によって刺激になってしまいます。そのため、目元はさらにダメージを受けてしまい、ケアを怠るとすぐに乾燥してしまうのです。

 

・目元には皮脂腺がない

乾燥しやすいと言われている目元や口元には、実は皮脂腺がありません。そのため、肌のバリア機能がもともと低く、ダメージを受けやすいと言われています。

 

目元ダメージにとってNG行為とは

目元は非常にダメージを受けやすい部分のため、できる限り与えるダメージは最小限に抑える必要があります。

しかし、日常生活において無意識のうちに目元に刺激を与えてしまっている可能性があります。

例えば、目を擦るクセがある、目元の保湿をしっかりと行っていない、クレンジングの際に専用リムーバーを使用せずゴシゴシと強く擦っている、メイクを落とさずに寝てしまうことがある、コットンに十分な水分を染みこませていない、ゴワゴワしたコットンを使用しているなど、無意識のうちに行っている方は注意が必要です。

特に目元のスキンケア漏れやメイクを落とさず寝ている場合などは、疲れていると起こりがちです。このような行為は、目元の乾燥に繋がってしまうため、気を付ける必要があります。

 

目元の乾燥悪化により起こってしまうこととは

目元の乾燥が続いたり、悪化してしまうと、シワができて深くなったり、乾燥がクセになり肌トラブルにつながったりと様々な不快症状が現れてしまいます。また、顔の印象が老けて見える、メイク乗りが悪くなる、色素沈着が起こる、目元のシワにメイクが入り込んでしまい、クレンジング漏れにつながるなどのリスクが挙げられます。

目元の印象は、顔の印象の半分以上を握っていると言われているため、目元のケアは若々しい印象へと繋がるのです。このことからも、目元のケアがいかに重要かがわかります。

目元の乾燥対策とは

目元を乾燥させないためには

目の周りの皮膚は頬と比較すると3分の1程度の厚さしかないため、ダメージを受けた際に「細胞間脂質」という肌の土台を繋げる物質が減りやすいという特徴があります。また、一度減ってしまうとなかなか元の状態に戻ることができないため、目元は普段から乾燥しないように予防することが大切です。特に忘れがちな目元のケアですが、頬以上に保湿を行う必要があるのです。

 

紫外線を避けてダメージを回避する

肌に与えるダメージの大きな原因のひとつとして、紫外線があります。目元は隠すことが難しく、また皮膚も薄いため紫外線の影響を受けやすい部分です。普段から紫外線をカットするために日焼け止めを塗ったり、サングラスなどをかけたりして、紫外線ダメージを回避するようにしましょう。

 

日常生活での摩擦を避ける

洗顔やクレンジングを行う際、つい目元をゴシゴシと擦ってしまうことがあります。メイクを落とすために必要と行っている場合もあるかもしれませんが、実はこれは目元にとっては大きなダメージになります。こういったダメージを蓄積することは乾燥へと繋がってしまいます。目元は骨もなく筋肉だけで支えられている非常にデリケートな部分です。摩擦を避け優しく扱うように心がけましょう。

 

クレンジング剤、化粧品の使用も注意する

目元の悩みを抱えているのは圧倒的にメイクをする女性が多いと言われています。これは、メイクだけでなく、そのメイクを落とすためのクレンジング剤にもあります。クレンジング剤は肌にとって必要な成分まで一緒に洗い流してしまうことがあるのです。メイクやクレンジングはどうしても避けることができないもののため、使用する際は

他の部分よりも特別丁寧に優しく行うようにして、目元を労わることが大切です。

また、ワセリンなどのテクスチャーが固いスキンケアアイテムを目元に使用することも摩擦に繋がってしまうため、保湿しているつもりでも結果的にはシワや乾燥に繋がってしまうため、注意しましょう。

目元の乾燥に!オススメの乾燥予防方法とは?

目元のケアに有効的な美容成分とは?

乾燥しがちな目元には、肌を保湿するための成分やガードするための成分を塗ることが大切です。目元のケアに有効的な成分は様々ありますが、保湿成分として有名なのはセラミドです。

セラミドは保湿成分としてポピュラーな成分ですが、人間が本来肌に備えている細胞間脂質の一種です。目元の細胞間脂質は一度減ってしまうとなかなか元に戻らないという特徴があるため、スキンケアやサプリメントなどでセラミドを補うことは、乾燥予防や乾燥のケアに非常に効果的であるといえます。また、それ以外にもアミノ酸やヒアルロン酸、グリセリン、レシチン、コラーゲンなどの保湿成分も、塗ることで乾燥を防ぎ、肌が本来持つバリア機能を高めてくれる役割を持っています。

 

アイクリームなど、目元専用のスキンケアは有効的!

目元のケアには、顔全体のものよりも目元専用のクリームや美容液の方が効果的です。目元用のケアアイテムは顔全体に塗ると、ベタベタとしてしまうほど保湿効果が高いものが多いことからもわかるように、顔全体のスキンケアでは保湿力が不足しているともいえます。乾燥しやすい目元は特に他の部位と比較してもしっかりとケアする必要があるといえます。

 

最後に

毎日働くのに、皮膚が薄く非常にダメージを受けやすい目元は、普段の生活や自分のクセ、日ごろのスキンケアをしっかりと意識するだけで、そのダメージを軽減させることに繋がります。日ごろ頻繁に起こってしまうダメージであればあるほど、改善した時のプラス要素は大きいと言え、毎日ケアするかしないかによってその差は大きく開いてしまいます。目元の乾燥にはまず予防が大切です。気付いた瞬間から始めるだけで、5年後や10年後の目元の印象は大きく変わるため、顔の印象を大きく変えたい場合は、まず目元のケアをしっかりと行うようにしましょう。目元を若々しく保って、老化知らずの肌に一歩でも近づきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です