ハイドロキノン配合の美白化粧品って本当に効果あるの?特徴やその選び方を紹介!

美白化粧品には、ほとんどに「ハイドロキノン」という成分が配合されています。今や一般的になったハイドロキノンですが、実は「シミの消しゴム」や「肌の漂白剤」などという異名を持つ美白成分です。クリニックでも薬として処方されるほど、美白への効果が認められている成分で、その効果は非常に高いと言われています。

しかし、そんなに効果の高い成分には副作用があるのでは…?と心配になる方も多いのではないでしょうか。また、使い方も難しいのではと少し使用を躊躇している人も少なくありません。なぜこのような異名を持つほど美白効果が高いのか、またハイドロキノンとは一体どのような成分なのか?ここでは、ハイドロキノンの効果や副作用、ハイドロキノン配合化粧品の選び方や使い方について紹介します。

 

ハイドロキノンの特徴とは?

シミの消しゴムと呼ばれるほど効果の高い美白成分「ハイドロキノン」

ハイドロキノンは、とにかく肌を白くすることに効果の高い成分として知られています。ハイドロキノンは、クリニックの薬として処方されるだけでなく、化粧品や市販薬としても売られている身近にある美白成分。ここでは、そんなハイドロキノンが持つ特徴について紹介します。

 

ハイドロキノンはこんなシミや色素沈着に効果的

ハイドロキノンは、いくら効果の高い美白成分だからといって、全てのシミや色素沈着に効果が高いというわけではありません。ハイドロキノンは、以下のようなシミや黒ずみ、色素沈着に効果的だと言われています。

 

・炎症性色素沈着

ニキビや吹き出物、傷などの炎症が原因で残ってしまう色素沈着のことを言います。ハイドロキノンを使用する場合は、肌が完全に修復した状態で使用するよう注意しましょう。

 

・老人性色素斑

最も一般的なシミとされている老人性色素斑は、日焼けなどによるダメージによって肌に現れてしまいます。濃くなってしまった場合を除けば、ある程度シミを薄くしたり、改善したりすることができるといわれています。

 

・そばかす

シミは遺伝性のあるものとされていますが、ハイドロキノンの力で薄くすることが可能といわれているもののひとつです。クリニックのそばかす治療でも実際に活用されています。しかし、遺伝要素が強いことからせっかく消えても再発する可能性もあります。

 

・肝斑

頬に左右対称で現れるシミのことで、ホルモンバランスの乱れが原因と考えられていますが、正しくは解明されていません。こちらもハイドロキノンが有効的だと言われています。

 

・乳輪やデリケートゾーン

乳輪やデリケートゾーンのため、使用を開始したい場合は必ず医師に相談するようにしてください。

 

シミに効果がある理由とは?

ハイドロキノンはどのようにシミに効果的なのでしょうか。ここでは、そのメカニズムについて紹介します。

 

・ハイドロキノンはなぜシミに効果的なのか

世の中に普及している美白成分は、そのほとんどがメラニン色素の生成を抑える働きを持っているものです。これはつまりシミの予防はできるが改善は見込めないということに繋がります。

しかしハイドロキノンは、シミや黒ずみなどを直接的に薄くする機能を持った美白成分で、できてしまったシミを薄くする「シミ還元作用」を持っているのです。

 

・メラニン生成を抑制する、シミを予防する、どちらの機能も持っている!

ハイドロキノンは、できてしまったシミを薄くしたり除去したりする「還元機能」と、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制する両方の働きを持っています。そのため、シミの予防と改善、どちらにも効果があり、美白に対して強力に働く成分といえます。

 

気になる副作用

美白成分ハイドロキノンは、非常に効果の高い成分です。しかしこれだけ効果が高いと心配になってくるのが副作用。実は残念ながら副作用の可能性は0ではありません。ここでは、ハイドロキノンの副作用について紹介します。

 

・赤み、炎症

ハイドロキノンは、酸化しやすくその原因によっても副作用が起こる可能性があります。また、アレルギー反応や刺激によって赤みなどが起こってしまう場合があります。

 

・白斑

以前、某大手化粧品会社のスキンケア商品によって白斑問題がニュースになったことがありますが、ハイドロキノンは肌の色を抜くという性質上、白斑になる可能性は0とはいえません。そのため、高濃度のものは、ワンシーズン程度の使用期間に止めて、使用の際は目安量を守るように心がけましょう。

 

ハイドロキノン配合の化粧品選びのコツ

ハイドロキノンの濃度は1~4%のものを選ぶ

ハイドロキノンは濃度が高いからといって良いものではありません。高すぎる濃度のものは副作用が懸念される強い成分です。そのため、厚生労働省は2%以下の濃度を推奨しています。また、4%未満の濃度であれば、副作用は起こりにくいといわれています。

そのため、ハイドロキノンを初めて使用する際は、必ずパッチテストを行いましょう。まずは低濃度のものから使用する方が安心だといえます。

4%以上のハイドロキノンを葉移動している化粧品に関しては、皮膚科に処方されたものを使用する方が安心して使用することができます。

 

美白の用途によってスキンケアタイプを選ぶ

シミや黒ずみの予防や改善など、その用途によってスキンケアのタイプを選ぶ必要があります。できてしまったシミなどをピンポイントで改善したい場合には、部分用の美容液やクリームなどの化粧品がおすすめです。また、予防やくすみを取りたい場合は、顔全体に塗るタイプの化粧水や乳液、クリームなどを選ぶようにしましょう。

購入時の注意すべきこと

ハイドロキノン配合化粧品を購入する際は、返品交換や返金保証のあるサービスがある、トライアルやサンプルがあればそちらから試す、部分用なのか顔全体用なのかを確認するといった点に気を付けるようにしましょう。

 

ハイドロキノンの使い方とは

ハイドロキノンの正しい使用方法

ハイドロキノンは、非常に効果の高い成分のため、薬ではなく化粧品だった場合でも使い方には気を付けなければならない成分です。使用の際は、必ずメーカーが指定する使用目安量を守るようにしましょう。

 

必ず紫外線対策を行う

ハイドロキノンにとって大敵なのは紫外線です。ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニン色素の生成を抑制する働きをもつため、あまりに効きすぎると肌が無防備な状態になってしまい肌トラブルのリスクを負うことになるのです。

そもそもメラニンには肌を守る役割を持っており、体が何らかのストレスや刺激を受けた際にメラニンを生成して体を守ってくれるのです。このようにメラニンが体を守ってくれるため、人間は紫外線などを浴びても問題なく生活することができています。

ハイドロキノンはこのメラニンの働きを止めてしまうため、ハイドロキノンを使用する際は、必ず紫外線対策を行うようにしましょう。また、ハイドロキノンは紫外線に当たることで毒物に変質してしまうとも言われていることから、使用はできる限り夜にしましょう。また、朝はしっかりとクレンジングを行う、または日焼け止めをしっかりと塗るようにしましょう。

 

トレチノインとの併用で相乗効果を

トレチノインとは、外用薬などで使用されている成分で、皮膚のターンオーバーを早めてくれる働きを持っています。そのため、ハイドロキノンと併用することで美白への相乗効果が期待できます。しかし、この2つの成分を併用することは、肌にとってかなり強い刺激があると考えられています。併用する際はまずは少な目の量や低い濃度から試すようにしましょう。

 

最後に

ハイドロキノンは美白にとって非常に効果の高い成分ですが、使い方によっては肌にとってマイナスになってしまう場合もあります。

ハイドロキノンが配合されている化粧品は、それほど高濃度ではないため、肌へのマイナス面も多いわけではありませんが、日中の使用を避けたり、紫外線ケアをしたりするなど、ハイドロキノンを使用する際は注意する必要があります。

まずは正しい用法や用量を守って使用することが、美しい肌への第一歩といえます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です