美容

そばかす対策クリーム「フレキュレル」の効果は?

投稿日:2017年8月8日 更新日:

年々濃くなるそばかすに悩まされていませんか?利用者満足度92.7%、そばかす対策に高い効果が期待できる、そばかす対策クリームフレキュレルの配合成分や効果について紹介します。

 

そばかすの種類と原因

 

そばかすには、先天的なものと後天的なものがあります。そして、そばかすの多くは先天的なものとされています。

 

先天的なそばかす

遺伝的要因でできるそばかすです。そばかすは優性遺伝なので、両親のどちらかがそばかすのできやすい体質だと、子供にその体質が受け継がれる可能性が高いです。思春期ごろに増え、思春期を過ぎれば消える可能性も高いです。

ただし、紫外線を浴びることでそばかすが濃くなったり増えたりするので、紫外線対策やそばかす対策は必要です。思春期を過ぎてもそばかすが消えないようであれば、医療機関でのレーザー治療なども検討するとよいでしょう。

 

後天的なそばかす

後天的なそばかすは大人になってからできることが多いです。最大の原因は紫外線です。過度な紫外線を浴び、メラニンが過剰に生成されて色素沈着することで、そばかすとなります。他にも間違ったスキンケアや過度なストレス、ビタミンやミネラルの不足、睡眠不足、加齢などが原因となることがあります。こちらは加齢とともに消えるということはないので、しっかりとしたそばかす対策が必要になります。

 

フレキュレルのそばかす対策効果

 

メラニンは本来肌をダメージから守るための物質です。しかし過度な紫外線を浴び続けたりすることで、防衛機能が過剰に働き、メラニンが過剰生成されてしまいます。産出されたメラニンは、肌のターンオーバーによって排出されるのですが、ターンオーバーで排出し切れないほどのメラニンが過剰に作り出されたり、ターンオーバーに乱れがあったりすると残ったメラニンが色素沈着してそばかすとなります。

フレキュレルはメラニンの抑制・排出によりきれいな肌を目指します。先天的なそばかすと後天的なそばかすのどちらにも効果を発揮します。

 

メラニンの抑制

フレキュレルはメラニンの生成自体を抑止する成分に加えて、メラニンの合成に歯止めをかける成分、メラニンの生成を促進する物質を阻止する成分、メラニンの細胞内移動を阻害する成分などを配合しており、多角的にメラニンを抑制します。メラニンの抑制によって、新しくそばかすができるのを予防し、既存のそばかすの悪化を防ぎます。

 

メラニンの排出

フレキュレルには保湿成分もたっぷりと配合されており、肌をしっかりと保湿して肌本来のバリア機能を取り戻すことで、肌のターンオーバーを正常化に導きます。肌のターンオーバーの正常化によりメラニンの排出を促します。明るくきれいな肌を目指します。

 

フレキュレルの主な配合成分

フレキュレルの主な配合成分を紹介します。

 

医薬部外品としての有効成分

フレキュレルは医薬部外品です。有効成分はトラネキサム酸とグリチルレチン酸ステアリル。トラネキサム酸は、抗炎症や抗アレルギー効果のある成分ですが、そばかすのもととなるメラニンの生成を抑制する働きも認められています。グリチルレチン酸ステアリルは、甘草から抽出して酸で分解することにより得られる成分で、抗炎症作用があり肌荒れを防止します。

 

メラニンの抑制と排出を促す成分

トラネキサム酸以外にも、メラニンの抑制と排出を促す成分として、アーティチョークエキス(バイオベネフィティ)・アルピニアアカマツダイ種子エキス・タイムエキス・シュガースクワランが配合されています。

 

オリジナルナノ化原料

ビタミンCの270倍の美白効果があるとされる油溶性甘草エキスをナノ化(リポソーム化)して配合しています。油溶性甘草エキスには、チロシナーゼという酵素の働きを抑制し、メラニン色素の生成を阻害する働きがあります。エステやクリニックでのシミ・そばかす治療にも使用されています。国内に数台しかないと言われる希少な高圧ナノ化乳化機を導入し、ナノ化専属チームでの研究を行い、成分を効率的に届けてより高い効果を引き出すことに成功しています。

 

32種類の植物由来成分

ウメ果実エキス、アーティチョークエキス、ユキノシタエキス、プルーン酵素分解物、キウイエキスなどの肌に優しく働きかける植物エキスが32種類も配合されています。中でも、ウメ果実エキスとユキノシタは糖化によるそばかすの改善が期待できます。

 

6つの無添加で肌に優しい

フレキュレルは、香料・着色料・タール系着色料・紫外線吸収剤・パラベン・鉱物油を一切不使用。乾燥肌や敏感肌の人でも扱えるよう低刺激処方にこだわって作られています。さらに、敏感肌用パッチテスト・累積刺激性テスト・アレルギーテストの3つのテストをクリアしています。さらに、ISO9001を取得している国内の工場で製造され、徹底した品質管理・検査を行っているので安心です。

 

フレキュレルの使い方

 

フレキュレルはそばかす対策用のクリームですが、夜のお手入れではオールインワンゲルのような使い方が可能です。夜のケアだけでも問題ありませんが、効果を早く実感したい人は朝のお手入れにもフレキュレルを取り入れることがおすすめです。

 

夜のお手入れ方法

クレンジング・洗顔後の清潔な肌に、10円玉くらいの大きさを取って顔全体に均一に塗り、下から上に引き上げるようになじませます。その後、そばかすが特に気になる部分に重ね塗りをしてください。寝ている間に成分が浸透し、肌に働きかけます。

 

朝のお手入れ方法

洗顔後、通常の基礎ケア(化粧水・美容液・乳液など)の後、メイクの前に薄く塗ってください。

 

さらに効果をアップさせるためには

フレキュレルの使用に加えて、以下のこと実践することでさらなるそばかす対策効果が期待できます。日中のメラニン抑制効果が期待できます。

 

紫外線対策

紫外線はそばかすの最大の原因です。帽子や日傘なども使って必要以上に紫外線を浴びないよう気を付けましょう。外出の際は日焼け止めを使用しましょう。

 

質の良い睡眠

規則正しい生活をして毎日しっかりと睡眠を摂ることも重要です。特に、肌のターンオーバーが最も盛んになる22時から2時の間はしっかりと寝るようにしましょう。そばかすの原因となるストレスの軽減にも役立ちます。

 

体の内側からビタミンをしっかり摂取

ビタミンCはメラニンの定着を防ぐ効果があります。ビタミンEには新陳代謝を活発にして肌のターンオーバーを促進する作用があります。ビタミンAには活性酸素を除去して肌の老化を防ぐ効果があります。これらのビタミンをバランスよく摂取することも重要です。普段の食生活でうまく補えない場合は、サプリメントの併用もおすすめです。

 

肌に刺激を与えない

メラニンは刺激によって増加することもあります。それは、メラニンが本来肌を守るために作り出される物質だからです。マッサージや洗顔の際は力を入れ過ぎずに優しく行うようにして、肌への過度な刺激を避けるようにしましょう。また、基礎化粧品などは肌に優しい低刺激のものを選ぶようにしましょう。

 

フレキュレルを使用する上で注意したいこと

肌のターンオーバー周期は28~45日くらいと言われています。加齢とともに遅くなる傾向があります。効果が実感できるのはターンオーバーで肌が生まれ変わってから。短期間では効果は実感できません。

また、一時的にシミやそばかすが目立つことがあるかもしれませんが、それは正常なターンオーバーの一部です。肌に蓄積されたメラニンを排出することできれいな肌に生まれ変わることができますので、心配せず使い続けてください。

フレキュレルは、公式サイトから集中ケアコースに申し込んだ場合は、180日間の返金保証も行っています。2~3ヵ月続けてみて、肌に合わない、効果が全く感じられない、というようであればサポートセンターに電話して返金を依頼しましょう。

 

フレキュレルでそばかすのできにくい肌へ

そばかすができる人は敏感肌や乾燥肌の人が多いです。フレキュレルを毎日使用し続けることで肌質が変化し、そばかすのできにくい肌になることが期待できます。そばかすにお悩みの方は、医療機関での治療を受ける前にフレキュレルを試してみませんか?

-美容

Copyright© 綺麗になれる秘密 , 2017 AllRights Reserved.